小坂忠:Chu's Garden

プロフィール

  1966年、ロックグループ「ザ・フローラル」でデビュー。後に細野晴臣、松本隆らとともに「エイプリルフール」を結成。70年代の日本のロック、R&B シンガーソングライターとして活動を始める。

R&B
、ゴスペルシンガーソングライターであり牧師として父として音楽活動を行う、正に機関車のようである。   2008 年、デビュー 42 周年、還暦を迎える。

 

詳細 >>

カレンダー

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS
19件中   1 - 5 件表示 ( 全 4ページ )
1  2  3  4   

「Chu's Gospel」Since1976~

オリジナル表示



さて、リリース3連発、最後の御紹介っす。





制作にあたって


18歳でプロデビューし、アーティストとして活動していた小坂忠は76年にクリスチャンになり2年後の78年に自身のゴスペル専門レーベル、「ミクタムレコード」を設立してからは、その活動に専念するため音楽界から退いていました。そのため75年の『HORO』を最後に、2000年のミレニアムをきっかけに細野晴臣氏との再会により昔のメンバーと制作した『People』(Epic Sony)をリリースするまで、音楽界には「25年の空白期間」がある事になるのです。

People』を機に一般での音楽活動が再開されてから様々な絆が生まれ、そのつながりから、ギタリストでプロデューサーの佐橋佳幸氏と『Connected』(Victor)をリリースし、レコーディングメンバーとビルボードライブツアーが実施されました。そして同時に「小坂忠のアーティストとしての軌跡」をまとめたBOXChu’s Garden』(Sony Music Direct)が制作されました。その時に集められた様々な資料の中から、『HORO』のマルチテープが非常に良い状態で発見されました。30年以上も昔のマルチ音源が見つかることは本当に珍しいことだそうです。そこで同じ音源を使って、現在の小坂忠が歌うという『HORO 2010』の企画が盛り上がりました。

25歳の自分から60代の自分への挑戦と受け止めてレコーディングを始めるとその中で、表現力を増した力強い歌唱力に感動があり、その歌を培ったあの「幻の25年間」の作品も聞いてみたいという声が上がりました。小坂忠の音楽歴43年間にゴスペルの活動ははずせないのです。小坂の音楽ファンにとってもこの25年間の音楽を聴いてみたいという要望に応えてこの間のオリジナルアルバム10タイトルからセレクトした32曲を2枚のCDコンピレーションアルバムにまとめることになりました。



 

参加ミュージシャン:

市原康(Dr.)、久米大作(Arr.,Pf.Key.Syn

中村裕二(Arr.Bass)、ステーブ・フォックス(Ba.&Cho.)

CobaAccordion)久米小百合(Cho.) 岩渕まこと(AgCho

浜口茂外也(Perc.)坂本洋(Arr.Pf.Key.Org.Cho.)洪栄龍(Eg.&Ag.)

柳瀬 洋(Cl.)、ベアンテ ボーマン(Vc.)

ユーオーディア・アンサンブル(SQ)他



 


2010-02-14 18:41:06投稿者 : わんわん
この記事のURL コメント(0) nice!

SOUL PARTY 2009

オリジナル表示

2009年の「Connected Tour」東京公演最終日のライブDVDと、大阪公演のオーディオCD2枚組。

 

こちらが、お品書き、トラックリストってやつです!!!

 

 1 ありがとう
 2 everyday angel
 3 Hard to say、偶然と必然の間
 4 はぐれ雲
 5 Right Boots
 6 ふうらい坊
 7 ほうろう
 8 シェルター
 9 ラストピース
10 Runway
11 Don't you worry babe

[Encore

 1 機関車

 2 ゆうがたラブ

 3 ふたりの理由、その後

 

そして、こちらがオーディオCDのお品書き~。

 

[大阪セッション Featuring 細野晴臣]

1 ありがとう

  2009.4.14Tue2nd Stage

everyday angel

  2009.4.14Tue2nd Stage

3 ゆうがたラブ

  2009.4.14Tue1st Stage

4 機関車

  2009.4.14Tue2nd Stage

5 夢を聞かせて

  2009.4.14Tue2nd Stage

伝説の小原礼×細野晴臣のツインベースが聴けてしまうのだ!

 

 

 

お楽しみに、です。




2010-02-13 13:11:01投稿者 : わんわん
この記事のURL コメント(0) nice!

HORO 2010

オリジナル表示

35 年前の「自分」からの挑戦。

ニュー・ボーカル。ニュー・エディション。

いまの ほうろう。



「小坂忠 HORO2010」とは?

ジャパニーズR&Bの原点として知られる 1975年の小坂忠の名盤『ほうろう』の16ch マルチトラックが発見され、今回新たにヴォーカルを新録音したニュー・エディション『HORO2010』。

レコーディング・メンバー:細野晴臣、林立夫、鈴木茂、松任谷正隆、鈴木晶子(矢野顕子)、吉田美奈子、山下達郎、大貫妙子、ストリングス&ホーン・アレンジ 矢野誠。

小坂忠は このレコーディングセッション・テープの色褪せないクオリティーの高さに触発され、20代に録音した本作を35年後の60代に改めて 歌い直しに挑戦、今の技術と燻し銀にも似た円熟のボーカルで新たな名盤がここに完成!

Collection tune

1. ほうろう HORO
細野晴臣 作詩・作曲・編曲
2. 機関車 KIKANSHA
小坂 忠 作詩・作曲 / 細野晴臣 編曲
3. ボン・ボヤージ波止場 BONVOYAGE HATOBA
細野晴臣 作詩・作曲 / 細野晴臣・矢野 誠 編曲
4. 氷雨月のスケッチ HISAMEZUKINOSKETCH
松本 隆 作詩 / 鈴木 茂 作曲 / 細野晴臣・矢野 誠 編曲
5. ゆうがたラブ YUGATA LOVE
高 叡華 作詩 / 小坂 忠 作曲 / 細野晴臣 編曲
6. しらけちまうぜ SHIRAKECHIMAUZE
松本 隆 作詩 / 細野晴臣 作曲 / 細野晴臣・矢野 誠 編曲
7. 流星都市 RYUSEITOSHI
松本 隆 作詩 / 細野晴臣 作曲・編曲
8. つるべ糸 TSURUBE ITO
鈴木晶子 作詩・作曲 / 細野晴臣・矢野 誠 編曲
9. ふうらい坊 FURAIBO
細野晴臣 作詩・作曲・編曲


CHU-KOSAKA in HORO2010
Overall Production
Producer……………………………………………… CHU KOSAKA
Director………………………………… TADASHI kaku YOSHIDA
Engineer………………………………………… YOSHIFUMI IIO
Mastering…………………………………… TETSUYA MAITOH
Art Director…………………….........................MOTOKI OHASHI
Photographer……………...........……… DAICHI MATSUMOTO
Recording Studio…………………… aLIVE RECORDING STUIO




HORO 2010の予告なぞしてみました。


忠さんからのコメントも紹介しちゃうのだ。



「ほうろう・2010」制作にあたって/小坂 忠

2009 年に自分の40 年にわたる作品をBOX にまとめて「CHU`S GARDEN」を出した。BOX をGARDEN としたのは最近の自分の趣味の影響からだった。最近の自分の趣味はお茶から始まって陶芸へ、今は庭園にまで広がってしまった。
日本庭園の面白さは作庭家の意図を読み取ろうとする所に生まれる時空を超えた会話にあると思う。少なくても自分はそんな楽しみ方をしている。この作庭家は何を伝えようとしているのか、どこから見せようとしているのか、庭を散策しながら作庭家と時空を超えた会話を楽しむのが実に楽しいのだ。
CHU`S GARDEN もそんな気持ちで聴いてもらいたかったから名付けたのだった。
BOX のリマスタリング作業中に朗報が舞い込んできた。「ほうろう」のマルチトラックが存在していることが分かったのだ。35 年前のマルチが残っていたなんて驚きだった。早速聴いてみた。
35 年も前の録音とは思えない完成されたトラックだった。やはりすごいミュージシャン達だ。全然古さを感じさせない素晴らしいプレイだった。聞き入っているうちに35 年前の自分が語りかけてきた。35 年前のように歌えるか、そんな挑戦状を突きつけられた気がした。この挑戦は受けるしかない。でなければ男が廃ると言うもんだ。20 代の歌と今の自分の歌が同じであるわけがない。
しかし、同じトラックで歌うということはキーも35 年前と同じキーで歌うということだ。一番心配だったのは「機関車」だった。今はCで歌っているが「ほうろう」ではEで歌っていたはずだ。35 年前の歌を聴きながらこっそり歌ってみた。いけそうだ!20 代には20 代の意気込みがある。しかし、60 代には60 代の意地があるってもんだ。よし、受けて立とう!
というわけでこの突拍子もない企画が実現したのだ。
この勝負、負けられないぜ。




さぁて、

来週から取材が始まります。

「働く男」

です。


お楽しみに、ね。




2010-02-12 16:59:05投稿者 : わんわん
この記事のURL コメント(0) nice!

よこはまぁ~ ♪♪

エフエム横浜

 <横浜開港150年記念>

FMヨコハマサテライトスタジオ「Studio SEAGULL Y150」特別番組

YOKOHAMA PORTSIDE SQUARE

 

放送時間:518日(月)~21日(木)13:00~14:00の生放送中、13:15頃に約2分間、忠さんのコメントがオンエアーされます。

 

毎日、新曲からフェイバリットまで様々な楽曲とトークが日替わりで流れます!是非是非、チェックしてみて下さい!

 

なお、番組詳細は、

http://www.fmyokohama.co.jp/

 

にて!



2009-05-14 10:02:58投稿者 : わんわん
この記事のURL コメント(0) nice!

お待ちかねっ。関東のみなさま Tune in ♪

090418.jpgオリジナル表示

なかなか関東圏でお耳に触れる機会が少なかった「生声」ですが、
いよいよ明日、チャンスです。
ゆうがたラ~ジオ♪、チェックしてください。

「Inter FM」

「高橋幸宏Extra-Ordinary Life」

4/18(土)17:00~17:30
4/25 (土) 17:00~17:30 (2回にわけての ローング対談!)

ライヴMCや取材時にも「話題の人」である
高橋幸宏氏とともに「Connected」の話はもちろん
ライブの興奮冷めやらぬ中、あんな話 こんな話・・・
楽しく対談しています。お聞きのがしなく!!


そして終わってしまうなんて考えるだけでも、恥づか・・・いえ、淋しい

ビルボードライヴ! 

いよいよ今月末の東京でファイナルです


大阪に続き東京も シークレットゲスト大決定

シークレットだけに言えないのが残念ですが・・・


往年のファンも狂喜必至の日曜、「絆」に感謝の月曜、

しっとり泣いちゃう?!踊っちゃう?!のファイナル木曜!

といったところでしょうか・・・


迷っている方 予約はお早めにっ!!


2009-04-17 20:01:11投稿者 : kotora
この記事のURL コメント(0) nice!
19件中   1 - 5 件表示 ( 全 4ページ )
1  2  3  4